実感できるイソフラボンとプエラリア・ミリフィカのサプリを解説

イソフラボンの種類と傾向

女性の味方としてかつてより注目されてきた「イソフラボン」ですが、身体に取り入れることでどのような働きをするのかご紹介します。

イソフラボンは大豆や豆植物などに多く含まれるポリフェノールの一種です。
イソフラボンの特徴的な働きは女性ホルモンの一種で女性らしいしなやかなボディラインやバストアップを促すエストロゲンと似たような作用が特徴です。
エストロゲンは加齢とともに分泌量が減少していくことから女性はイソフラボンやホルモン補充療法などを用いて何らかの形で外からホルモンを補いますが、その中の一つの手段として取り上げられます。

イソフラボンは手軽さや継続性などの面においても注目されています。
しかし、イソフラボンは日々の食事の中でも摂取できると思われがちですが、イソフラボンには種類があることをご存知でしょうか。
イソフラボンにはタイプがあります。
体内で吸収がされにくい「グリコシド型」続いて体内に吸収されやすい「アグリコン型」の2種類です。

身体に吸収されにくい型は、イソフラボンを口から取り入れても約2割ほどの吸収率しかありません。
また、吸収率が高い型はすでに殺菌発酵によって糖が分解されているので胃から吸収され吸収率は約3倍以上といわれています。
次に食品で見ていくと納豆や豆腐などの大豆製品はグリコシド型に該当するため身体への吸収率は低く非常に物足りないことがうかがえます。

食事からアグリコン型を摂取するためには、すでに発酵された醤油や味噌が多く含有されています。
しかし、醤油や味噌は塩分が高いのでそればかり大量に取る事はできません。
そのため日々の食事とアグリコン型が含有されたサプリメントとあわせて利用する事が効果的となるのです。

トップへ戻る