きなこ

食事内容とサプリで調整

日頃から食生活の中にイソフラボンを取り入れていないという方。
突然次の日から、一日に必要なイソフラボンを摂取するとなると、なかなか難しく感じる方も少なくありません。
ですが、無理して食事だけから摂取しようと思わなくても大丈夫!
イソフラボンを摂取する為に、サプリメントと併用して摂取を行うことをオススメします。
食事内容とサプリメントで、上手にイソフラボンを摂取する際のポイントをいくつかご説明します!

●一日に必要なイソフラボンの摂取量は?
一日に必要なイソフラボンの摂取量は、50ミリグラム前後が目安です。
この量は、豆腐ですと一丁分、豆乳ですと小さな飲みきりサイズ2パック程の量です。
また、最高でも70ミリグラム程が摂取限度なので…
それ以上取ると過剰摂取になりますので、気をつけなければいけません。

●毎日、イソフラボンを摂取する物を決めて置く
イソフラボンを毎日摂取するためには、最低限、イソフラボンを摂取することが出来る食材を決めておくと便利です。
「夜眠る前には、豆乳を一パック飲む」
「晩御飯には、お味噌汁に豆腐を入れて飲む」
…このように、毎日最低限食事から摂ることが出来る物を決めておきましょう。
こうすることで、食生活に負担をかけすぎずに、イソフラボンを摂取することが出来ます。

●足りない分はサプリメントで!
ですが、たまたま外食をしなければいけない日や、どうしてもイソフラボンを摂取することが出来ない日もあります。
反対に、イソフラボンを多めに摂取することがある日もあるでしょう。
一日の摂取目安量に届いていない場合は、無理をせずサプリメントに力を貸してもらいましょう。
足りていない分をサプリメントでサッと補うことで、負担も無くイソフラボンを摂取することが出来ます。
食事の内容とサプリメントを上手く利用する事で、イソフラボンは簡単に摂取することが出来ます。
毎日無理をしすぎずに、続けて摂取をするように心がけて下さいね。